遺言書作成の手続き

遺言書作成にはいくつかの方法がありますが、普通の人が行うのは自筆証書遺言か、公正証書遺言の作成です。前者は、その名のとおり自筆で相続についての定めを書くだけで、一定の書式ルールさえ守っていれば有効です。ただし、間違えてしまえば無効になってしまうというデメリットがあります。

後者は、公証役場で手続きをする面倒さはありますが、きちんと内容の真正が担保されていますし、書式を間違ってしまうことは自分で作成しないのでないため、信頼性が高いです。いずれの方法をとるかは、自分の法的知識などをもとに決めましょう。