遺言書作成の手続き

遺言書作成にはいくつかの方法がありますが、普通の人が行うのは自筆証書遺言か、公正証書遺言の作成です。前者は、その名のとおり自筆で相続についての定めを書くだけで、一定の書式ルールさえ守っていれば有効です。ただし、間違えてしまえば無効になってしまうというデメリットがあります。

後者は、公証役場で手続きをする面倒さはありますが、きちんと内容の真正が担保されていますし、書式を間違ってしまうことは自分で作成しないのでないため、信頼性が高いです。いずれの方法をとるかは、自分の法的知識などをもとに決めましょう。

遺言書作成の方法について

遺言書作成をおこなう場合には、さまざまなことを考えながら作成していく必要があるでしょう。遺言書と聞いてお金持ちの人だけのような気がしますが、ライフスタイルが多様化している現代において、遺言書の存在は必要不可欠なものになっていくことでしょう。

遺言書の作成の仕方については、弁護士や司法書士に相談してもいいですが、最初は自分で記載してみることをおすすめします。全体感を掴んでからの方が依頼する場合においても、より具体的に内容に踏み込めるようになるでしょう。遺言書作成の場合には、内容によっては無効になるケースもありますので、注意して作成をしましょう。

遺言書作成をおこなってみる

遺言書作成をおこなう事は、若い人であっても万が一にそなえて、おこなっておく事は大切でしょう。遺言書は、作成したら一度きりで終わることではなく、家族の構成などが変化するライフステージなどで更新することが義務付けられています。

無効などの心配がないしっかりとした遺言書を作成することで、残された遺族たちのトラブルなどをあらかじめ避けることができますので、遺言書作成は大切なことがあげられます。弁護士に依頼することのハードルが高いようであれば、まずはキットなどを使用して遺言書を作成していってもいいでしょう。

弁護士の遺言書作成について

遺言書作成というと一人で作成しようとする人もいますが、一人で遺言書の作成をおこなうと内容がはっきりとしないため、遺言書が無効になってしまう可能性もあります。

また、法的な内容に基づきながら一人ひとりの相続者に対して、しっかりとした遺産の相続をおこなうためにも、弁護士のような法律家に依頼することが必要となるでしょう。ほかにも司法書士や行政書士、税理士などの法律家に遺言作成のサポートを依頼することができます。そのような法律事務所に依頼する場合には、所有する財産の内容と合わせて依頼することが大切になるでしょう。

遺言書作成、弁護士へ依頼するメリットについて

相続相談をおこなっている専門弁護士は、遺言書作成も対応しているので記入の方法や、少し複雑な事情を抱えている場合なども一度相談してみることをおすすめします。

自分で記入する自筆遺言書は、記入方法や法的な側面から遺産の配分に無理が生じる場合であれば、結果的に遺言書が無効になったり、遺族へ負担をかけてしまうこともあるため、それを未然に防ぐためにも専門家のアドバイスはとても貴重なものとなります。また亡くなった後、複雑な相続手続きも遺族を煩わすことなく、遺言執行者として弁護士に依頼することが可能となります。

遺言書作成なら弁護士たちばな総合法律事務所大阪

〒543-0001 大阪市天王寺区上本町6-6-26 上六光陽ビル2階

大阪で遺言書作成、遺留分の問題、遺産分割協議、相続手続きのご相談はお任せください。

受付時間:月~金/9:00~17:00
TEL:06-6770-7212

https://www.law-tachibana.jp/ 【HP】

関連