遺言書作成についての法律

遺言書作成について定めている法律は、民法です。そこには、具体的な遺言書作成についての決まりが書かれているので、誰でもそれを参考にして作成できます。しかし、法律について詳しくない人にとっては、簡単に見える条文も、具体的にはどうすればよいのかわからないという場アリもあります。

そういったときは、弁護士などの専門家に、遺言書の書き方を相談したほうが良いでしょう。相続は、大きな財産が動く機会となりますので、その内容次第によっては家族間でトラブルになってしまいます。また、内容をきちんとさせておかなければ、意味をなさなくなってしまいます。そのため、弁護士に相談することは重要です。

遺言書作成は弁護士でないと依頼できないの?

遺言書作成を考えている人は、弁護士などのプロにお願いしないと作成できないのかふと疑問に思うこともあるかと思います。実は遺言書は自筆遺言書と呼ばれるもので、自分で作成することができます。ただしこの場合には様々なルールがありますので、記載を始める前にルールの確認をしておくことが大切です。

①自室のサインを入れる②作成した年月日を入れること③印鑑を押すこと④すべて自分の手で記載をすることが主なルールになってきます。こちらが一つでも守られていない場合にはこの遺言書は無効です。無効になってしまうと遺族も困ってしまいますので確認が大切ですよ。

遺言書作成を弁護士に依頼した方が言いワケ

遺言書作成は自分自身で行うこともできます。こちらは自筆遺言書と呼ばれるもので、一番費用がかからずまた自分が想い経った時に作成することができるので自由が利きます。しかし自室遺言書には沢山の決まりごとがあり、一つでもそれが守られていない場合にはその遺言書は無効になります。

折角作成しても、それが無効になってしまっては残されて人たちも困惑してしまいます。自分で作成するのに自身がない人は弁護士の人に代理記載を頼むのが一番確実です。法のプロですので、間違った書き方をするということがありません。また自分が亡くなってしまった後の遺産相続についても相談することができます。

弁護士がサポートできる遺言書作成

弁護士がサポートできる遺言書作成については、司法書士や行政書士などでも依頼する事は可能です。しかしながら、遺産の相続に紛争などが起こる可能性がある場合には、弁護士に依頼することが一番であると言っていいでしょう。

遺言書を作成する場合には二万円前後の費用がかかるとされていますが、しっかりと遺言賞の説明を受けることで納得しながら遺言書の作成をすることができるでしょう。また、遺言書については、ライフステージが上がるごとにアップデートの必要がありますので、その都度更新していくことが大切だと言えるでしょう。

弁護士にも相談できる遺言書作成の方法

資産を持つ方が遺言書作成を進める事は、残された家族などによる遺産相続が発生する際においても重要です。正しく作成されている遺言書は、どのような相手へそのような遺産として引き渡したいかという意思表示を行える唯一の手段としても知られており、優先項目として高いものとなります。

法律に沿った作成方法を行うには、弁護士への相談も効果的です。記載内容によっては、公証役場や公証人などの介入も必要とされており、確実な情報や知識を取り入れながら作成作業を進めることも、正しい遺言書の作成を実現させるために欠かせないポイントです。

遺言書作成なら弁護士たちばな総合法律事務所大阪

〒543-0001 大阪市天王寺区上本町6-6-26 上六光陽ビル2階

大阪で遺言書作成、遺留分の問題、遺産分割協議、相続手続きのご相談はお任せください。

受付時間:月~金/9:00~17:00
TEL:06-6770-7212

https://www.law-tachibana.jp/ 【HP】

関連