遺言書作成などの相続手続きの相談は専門家へ

自分が所有している財産をスムーズに子供たちに相続させるために遺言書作成を思い立った場合、その遺言をどのように作成するのかについて悩む場合があります。遺言書は所定の条件を満たさなければその効力を認めらない場合があります。

このような遺言書作成といった相続手続きについては、弁護士や司法書士などの専門家に相談するべきです。この相続相談によって遺言書の内容についての適切なアドバイスを受けることが出来ますし、遺言執行者としての依頼を受けてくれます。

ただし、自筆遺言については本人の直筆であることが必要ですので、代理で作成してもらうことは弁護士でも出来ません。もし自筆以外で遺言を作成する場合には公証役場において公正証書遺言として作成する必要があります。

遺言書作成と弁護士と遺族

故人が遺言書作成を弁護士に依頼していた場合、自分が亡くなった場合にはその法律事務所に話が行くことになっているため、一通りの法要が済んだ時に持ってきてくれます。(もしくは親族の代表者が取りにいきます)

弁護士に依頼している場合には開封にも立ち会ってくれますので、改めて裁判所へ行って検印をしてもらう手間が省けるのは、残されて人たちにとってはひと手間省くことができます。またもしその遺言書不満があった場合や、減殺請求をかけたいと考えた時にはそのまま依頼をすることができるので、残された人たちのことも考えると、依頼を法律事務所にしておくというのは非常にありがたいことです。

はじめての遺言書作成

はじめての遺言書作成する場合においては、全てがわからないことだらけでしょう。最近では遺言書を作成することも珍しくはなくなりましたので、遺言書に関するマニュアル本やキットなども数多く販売されています。そのようなものを参考にして、遺言書を作成することも一つの方法でしょう。

しかしながら、遺言書の内容がしっかりと記載されていないと無効になってしまうリスクすらありますので、その点は注意すべきでしょう。遺言書作成についても弁護士にサポートを依頼する事はできますので、この方法も合わせて検討してもいいでしょう。

弁護士を頼りたい遺言書作成

資産を所有している方にとって気にしておきたい事柄の中には、遺言書作成が挙げられます。亡くなった後、資産を引き渡す相手や資産の内容を指定したい場合において有効とされており、遺言書の有無によって相続手続きの手順も異なります。

有効的な遺言書を作成するためには、法律に沿った正しい記載内容や手順が守られていることが必要であり、慎重に進めることが重要です。どのように作成すれば良いか分からないという場合には、弁護士への相談が行われることもある他、記載内容や状況によっては公証役場や公証人の介入が必要とされるケースもあります。

弁護士へ相談が進められる遺言書作成

資産を持つ方が遺言書作成を進める事は重要な作業としても取り上げられており、残された家族などの間で遺産相続の手続きが発生する場合において欠かせないものとなります。

どのような相手に対して遺産を引き継ぐか、また遺産内容にはどのようなものを含むのかなどといった指定をしたい場合、唯一の意思表示が実現される手段としても取り入れられており、正しく作成することで有効となります。弁護士への相談によって、どのように遺言書を作成すれば良いかアドバイスを受ける事ができる他、記載内容や状況によっては公証人などの介入も必要とされています。

遺言書作成なら弁護士たちばな総合法律事務所大阪

〒543-0001 大阪市天王寺区上本町6-6-26 上六光陽ビル2階

大阪で遺言書作成、遺留分の問題、遺産分割協議、相続手続きのご相談はお任せください。

受付時間:月~金/9:00~17:00
TEL:06-6770-7212

https://www.law-tachibana.jp/ 【HP】

関連