遺言書作成などの相続手続きの相談は専門家へ

自分が所有している財産をスムーズに子供たちに相続させるために遺言書作成を思い立った場合、その遺言をどのように作成するのかについて悩む場合があります。遺言書は所定の条件を満たさなければその効力を認めらない場合があります。

このような遺言書作成といった相続手続きについては、弁護士や司法書士などの専門家に相談するべきです。この相続相談によって遺言書の内容についての適切なアドバイスを受けることが出来ますし、遺言執行者としての依頼を受けてくれます。

ただし、自筆遺言については本人の直筆であることが必要ですので、代理で作成してもらうことは弁護士でも出来ません。もし自筆以外で遺言を作成する場合には公証役場において公正証書遺言として作成する必要があります。