弁護士にお尋ねしたい相続税

弁護士の中には税理士登録を行っている人もおり、時には弁護士として、またある時には税理士として活動を行っている人もいます。相続の争いなどを扱う弁護士ですが、相続税の申告などは行っていない事もあります。

相続税についてのお尋ねしたい事がある相談者の立場に立って考えると、相続税を含め全般を一人の弁護士などの法律家にお尋ねできれば便利ですね。内容に応じて複数の法律家を探し、お尋ねするのは手間もかかります。

ダブル資格を持つ弁護士に相続税や他の相続税についてのお尋ねをするのは、便利でいいですね。ダブル資格を持つ人は相続税など相続関連を得意としている事もあり、困った時にはぜひお尋ねしてはどうでしょうか。

相続税お尋ねに関して調べる

これまで相続税お尋ねの郵送物を手にした事がなく、どの様な物であるのかという事を把握できていない人もいるでしょう。相続税についてのお尋ねについて全くしらないという人は、ネットで相続税についてのお尋ねについて検索するといろんな事を調べる事ができるでしょう。

また、相続税お尋ねの対応を行ってくれる専門家も同時に探す事ができるかもしれませんね。相続税についてのお尋ねについては専門家に頼むとしても、できる範囲で自分でもいろんな事を知っておいた方がいいかと思います。

基本的な事については比較的簡単に調べる事ができるかと思います。疑問点などがあれば専門家を頼りたいですね。

申告書など弁護士相談をしたい相続税税務調査

もしも親族の誰かが不幸にして亡くなられた場合、その人が所有していた財産は相続によって受け継がれていくことになります。相続が発生したときには相続税が課税されることになりますが、これはある程度の金額を相続した場合に申告の手続きが必要になってくるため、相続をしたからといって必ずしも申告の手続きや相続税を納税の義務が生じるとは限りません。

もしも、相続によってある程度のまとまった金額を受け取った場合、前述したように相続税の申告をしなくてはなりませんが、申告後に税務署の相続税税務調査の対象者となってしまうケースがしばしばあります。

その原因として考えられるのが申告書の不備がありますが、このようなミスはあらかじめ税理士や弁護士へ相談をしたうえで申告書を作成すれば回避することが可能です。

相続税税務調査について弁護士に相談するメリット

相続税税務調査があれば、相続税の支払いについて疑義があったことになります。

わざと隠しているのであれば良くはありませんが、中には悪気がなかったけれど、法的知識の不足から納める額を間違えている場合もあります。そのため、相続税税務調査があった場合には、一度専門的な知識を有する弁護士に相談したほうが、問題が大きくならないうちに対処ができる可能性が高まります。

弁護士と言っても仕事の内容は広く、得意ジャンルも異なるため、税金関係のことを相談するのであれば、それについて得意とする弁護士に依頼しましょう。何を得意としているのかは、事務所のホームページをチェックすることで知ることができます。

相続税税務調査対策を弁護士へ依頼するときの注意点

一定以上の金額を相続した場合には、受け取った金額に応じて相続税が課税されることになります。

そのため、相続をした人は自分が受け取った遺産を確認をして、もしも相続税を支払わなくてはならないようであれば申告の手続きをしなくてはなりません。

しかし、相続税の計算というものは案外難しいもので、人によっては申告書の中身に不備な点が見つかってしまい税務署による相続税税務調査に入られてしまうケースも決して珍しくはありません。

そのため、税務署による相続税税務調査に入られないための対策が必要になってきます。

その対策として一番なのが弁護士や税理士と相談をしたうえで間違いのない申告書を作成することです。ただし、弁護士や税理士に依頼をするとなると、報酬を支払わなくてはならないのでその点には注意が必要になってきます。