遺留分の適用に関して

遺産相続の手続きが発生した際、亡くなった本人によって残された遺言書の記載内容が極端な場合、さらに複数の相続人が存在している場合など、相続対象となるべき方の権利が失われかねないケースも見受けられます。亡くなった方の配偶者や子ども、両親に対しては遺留分という制度が適用され、最低限の遺産の受け取りが可能となるよう配慮されています。

兄弟や姉妹の方については対象となっておらず、別途設けられた制度が理容できるため、別の手続きを進める必要があります。遺産の公平な分配のためには、速やかな問題への対処が重要でもあります。

よく耳にする遺留分について

遺産の相続問題が発生した場合、残された家族などの相続人の間では、どうしてもトラブルへ発展しがちです。なるべく公平な分配を目指したい遺産相続において、遺留分という制度が存在しています。

遺言書の記載内容が極端であった場合など、相続対象人の権利が失われそうになった場合に適用され、遺産の取得に関する最低限度の補償がなされています。亡くなった本人の兄弟や姉妹には適用されず、別途設けられた手続きが必要とされているなどの注意が必要な事柄でもあります。より速やかな問題解決を目指すためには、正しい情報を得る事も重要です。

気にしたい遺留分の内容

遺産相続の問題が発生した場合において、一人ひとりの権利が公平に守られるための遺留分が適用されることもあります。特に、相続対象となる人が複数存在する際、亡くなった本人の両親や配偶者、子どもに対して、最低限度の遺産分配が補償されているものであり、兄弟や姉妹が含まれない点に注意が必要です。

この他にも様々な制度が存在することによって、兄弟や姉妹の方でも確実に遺産が手にできるようになっています。どのような手続きを進めれば良いのか、弁護士や関連機関による相談業務も取り扱われており、無料で利用できるなどの特長が見受けられます。

知っておきたい遺留分の制度

遺産相続における問題には様々な要素や事柄が挙げられます。相続対象となる方の人数が多い場合や、遺言書が残されていた場合など、状況によって内容の変化が見受けられる相続問題は、どうしてもトラブルへ発展してしまいがちです。

なるべく負担が掛からないように対処するには、速やかな対策を進める必要があります。弁護士や司法書士などへの相談が行われるケースもある他、裁判所の介入がなされることもあります。また、遺留分という制度によって、亡くなった方の配偶者や子ども、両親に対しては、遺産を相続するために最低限の保障が受けられます。

遺留分って何のために存在するの

遺留分は、被相続人の家族が最低限の保証を得られる権利です。遺言書が残っており有効な場合、被相続人の意思で家族が全く受け取ることが出来ない状況も起こりえます。遺言書に寄付であったり、特別受益者が記載されている場合、その人に相続されます。

しかし、住む家が無くなったり、生活が出来なくなる事もありえるので、家族の最低保証として、遺留分減殺請求をすることで、財産の返還を請求できます。相続人と返済する金額をめぐって訴訟問題にもなりかねます。財産を知らずに10年経ってしまうと権利の行使が出来なくなるので、親族の財産の確認をした方が良いでしょう。

遺産分割協議の大まかな流れ

遺産相続の時に行われる遺産分割協議は、相続人が複数いる場合に、被相続人の財産を共有せず単独所有にする時に行われます。遺言書があり、有効なものであれば、遺言書に従って相続人を決めます。

しかし、遺言書が無い場合や記載漏れの遺産がある場合、遺言で取得する財産の割合のみが示されている包括遺贈の場合には、分割協議を行い、分配を決めていきます。そこで決まらないと、家庭裁判所での調停、審判、裁判で決めていきます。協議の合意の元、遺産分割協議書を作成します。また、遺言があっても自分の遺留分が侵害されていれば申請をすることで、相続人から返済が可能です。

遺産分割協議を問題なく進めるために

資産を所有していた方が亡くなった後、残された家族の間では遺産相続の問題が発生します。相続対象となる方へ公平に分配されるべき遺産でありながらも、遺言書の有無や、相続人の人数などによって、どうしてもトラブルが発生しかねない事柄でもあります。

遺産を公平に分配するために、遺産分割協議が進められるケースがあり、障害を持った方や未成年の方の権利も交えた話し合いが進められます。全員の同意が得られなければ内容が決定されず、別途定められた手続きや、弁護士などへの相談が行われるケースがあり、速やかな解決を図ることができます。

一人ひとりのための遺産分割協議

遺産の分配を進めるための手続きとして、相続問題が発生する際、どうしても相続対象となる方の間ではトラブルに繋がってしまいます。遺産分割協議と呼ばれる話し合いが行われることによって、スムーズな問題解決が目指せるようになります。

相続対象として未成年の方や障害を持つ方が含まれる場合においても、一人ひとりの権利が守られた上での協議が進められるため、公平に遺産が分配されるようになります。どうしても解決に至らない場合には、裁判所や公証役場によって介入されるケースもあり、問題を解決させるための手立てが進められます。

権利が守られる遺産分割協議

遺産相続の問題が発生した場合、遺産分割協議によって分配方法が決められることがあります。残された家族の間でトラブルとなりかねない事柄でもあり、速やかな解決が必要とされる遺産相続の問題は、一人ひとりの権利が守られなければなりません。

相続対象となる人に含まれる障害者や未成年者も同様、それぞれの話し合いに参加できない場合でも条件に入るため、全員での賛同が認められなければ話し合いが進められません。どうしても問題解決させられない場合には、弁護士への相談が行われたり、裁判所によるかいにゅうがなされるケースもあります。

遺産分割協議で揉めないためにも遺書を残そう

遺産相続を誰がどれだけ受け取るかは、決まっているわけではないので、年齢やお世話をした経験から誰でも多く欲しいと思うのは、必然かもしれません。相続人が多ければ多いほど、遺産分割協議で妥協点も見つからず、相続が決まらず、裁判を起こし、家族の仲が壊れてしまう事も少なくないようです。

自分が死んだ後に、自分の財産をめぐって家族が言い争いし、仲が悪くなるなんてあり得ないと思っていても、起きてしまうものです。遺産分割協議で、揉め事を起こさないためにも、しっかりと平等に分配されるように、自分の意思を遺書に残すことも大事な責任です。

遺言書作成と有効期限について

中には、遺言書作成の際に有効期限の様なものは存在するのかどうかという事で気になっている人もいる様ですね。確かに、有効期限の他にも遺言書作成については分からない事が出てきても不思議ではありません。実は遺言書作成には有効期限の様な物はありません。

有効期限は関係ないので、遺言書作成を亡くなる何十年も前に行う人もいれば、遺言書作成をしてしばらくすると亡くなる人もいます。ですので、有効期限については作業の際に気にする必要はありませんね。家族にとってベストだと思える様な内容を考える事に専念したいですね。特別な事情などがない限りは、できるだけ等しくなる様に考えながら決定したいですね。

遺言書作成を弁護士に依頼する時にはどういったことをするの?

遺言書作成を自分ではなく、弁護士にお任せしようとした場合にはどういった風に進んでいくのでしょうか?まず必ず確認されることがあります。それが①家族構成②相続できそうな金額や財産についてです。こちらは間違いがあっては困ります。

家族構成については後々綺麗な相関図を法律事務所の方で作成してくれますので、それを確認するだけでOKです。財産についても財産目録を作成してくれるので、財産目録を作成するためにも確実な財産を連絡する必要があります。自身がない人は一度財産にあたりそうなものを見てもらうということもできますので、プロに確認してもらった方がいいでしょう。

遺言書作成をしたら必ず行うことがあります

遺言書はとても重要な書類で、遺言書を元に遺産分割を行っていきます。遺産分割はとてももめやすいので法律によって遺言書のルールを定めています。法律に詳しい人からすればとても簡単なことですが、全くの素人の方からすれば少し難しいので遺言書作成をしたら弁護士に確認をしてもらうようにしてください。

弁護士は細かなルールまで把握をしているので書かれた遺言書が無効なのか有効なのかを判断してくれます。そしてこうした方が伝わりやすいなどのアドバイスもしてくれますので残された家族がケンカしないように遺言書を作成することが出来ます。

遺言書作成には細心の注意が必要です

遺言書は亡くなった方が残せる最後のメッセージです。遺言書を元に遺産分割を行っていきますので、とても重要な書類になります。重要な書類なので、法律によってさまざまなルールが設けられています。直筆でなければならない、フルネームでサインをしないといけないなど、細かく設定されています。

法律を勉強している人にとっては、何も難しいことではありませんが、素人の方にとっては少し難しいので、そんな時に利用したいのが弁護士です。ルールをしっかりと把握しているので、遺言書が無効か有効かをチェックしてくれます。遺言書作成をしたら相談をしてチェックしてもらうようにしてください。

弁護士に遺言書作成を依頼する流れ

弁護士に遺言書作成を依頼した時の流れをご紹介します。まずは話を聞く所からです。①なぜ遺言書を作成しようと思ったのか②家族構成等③財産について④葬儀についてなどが主に聞かれる項目です。財産や家族構成は非常に大事になってきますので、忘れてしまいそうなことがあるのでしたら、メモを持っていきましょう。

そういった下準備が完了してからの作成になります。何回か面談が必要になりますが、2回目の時には財産目録ができあがり、早い事務所でしたら原案が出来上がってくる所もあります。その後原案を確認して、okだったらその遺言書が正式な遺言書として保管されることになります。

土地建物の相続

突然、親が亡くなったときに、もめるのは相続についてではないでしょうか。また相続税も所有している土地建物について、重くのしかかってきます。

相続について大きな税金で悩んだり、土地などの登記については司法書士に相談してみましょう。話を聞いて、問題を的確に解決したり、登録などの手順や代行を行ってくれたりします。

また、大きな借金を抱えてしまった場合は、生活していくのも困難になった場合や、支払える見込みがないとわかった際に自己破産の手続きもできますので、弁護士や司法書士に相談してほしいと思います。

長い間返済をしていた人は多く払いすぎていた場合がありますので、弁護士が行っている過払い調査サービスなどを利用して調べてみてほしいと思います。

弁護士にお尋ねしたい相続税

弁護士の中には税理士登録を行っている人もおり、時には弁護士として、またある時には税理士として活動を行っている人もいます。相続の争いなどを扱う弁護士ですが、相続税の申告などは行っていない事もあります。

相続税についてのお尋ねしたい事がある相談者の立場に立って考えると、相続税を含め全般を一人の弁護士などの法律家にお尋ねできれば便利ですね。内容に応じて複数の法律家を探し、お尋ねするのは手間もかかります。

ダブル資格を持つ弁護士に相続税や他の相続税についてのお尋ねをするのは、便利でいいですね。ダブル資格を持つ人は相続税など相続関連を得意としている事もあり、困った時にはぜひお尋ねしてはどうでしょうか。