遺言書作成は相談が早い

相談していくことが、早く解決される可能性を高めているので、基本的に相談していく方法が何よりもいいとされています。相談しないまま放置していると、逆にマイナスとなる材料が多くなるでしょう。早めに遺言書作成を行って、1つでもいいものを残しておきたいと思っているなら、できる限り遺言書作成のために相談をしてください。

民間で相談のできるところも増えていますから、話をしていることで安心できる材料は多くあるでしょう。もしわからないところがあるなら、まずは相談する内容によって対応する場所を考えて、早めに話をしておきましょう。

遺言書作成を使って作成を終わらせる

作成をしてくれる方法や、相談できる時間帯を作っておき、そこでしっかりと作ってしまうようにします。遺言書作成を行っていく場合には、当然行っていく状況が大事になっていて、時間がしっかりしていないと厳しい状況になってしまいます。

ある程度時間を取るようにして、問題なく作られるような状況にしておきたいものです。作られている内容によっては、指導が入る場合もありますが、作成できる時間を念入りに取っているので、問題なく作成できるようになっています。遺言書作成は、弁護士などに時間を作ってもらって、しっかり行いましょう。

遺言書作成の覚悟について

人は誰しもいつか寿命を迎えます。けれども、人はまた、それをいつか遠い日のこととして日常生活を送っています。自分が亡くなることを現実として想像し準備を整えるのは誰にとっても決して簡単なことではありません。遺言書作成なんて縁起が悪いと思われる方も多いのではないでしょうか。

私には子供がいないので必要ないわという方もいらっしゃるかもしれません。とある外国人の方のお話です。生涯おひとりで過ごされたその女性は亡くなられる前にたくさんの猫を飼っていらっしゃいました。彼女は遺言書に、私が亡くなったら、この猫たちも全て安楽死させてください、とつづられました。

遺言書作成の注意点について

遺言書作成には幾つかの種類があります。最も簡単な方法としては自筆証書遺言があり、その名の通り自筆で作成します。費用もかからず簡単に作成出来ますが、内容の不備で認められないケースや紛失等の心配もあります。自筆証書遺言は相続が開始されたら必ず家庭裁判所に検認してもらわないといけません。

公証人が遺言の内容をチェックして、書面に作成する公正証書遺言という方法もあります。内容の不備、偽装、改ざん等の心配がありませんが、費用が発生します。原本は公証人役場にて保管され、相続開始時の家庭裁判所の検認も必要ありません。なお、作成の際には2人以上の証人が必要です。

遺言書作成における重要なポイント

資産を所有する方にとって大きな課題でもある遺言書作成は、法律に基づいた正しい作成方法が進められる事が必要とされています。残された家族の間で遺産相続の手続きが発生した際、トラブルにならないよう対処しなければならない他、不備のある遺言書については無効として扱われてしまうケースもあります。

資産の引き渡し相手や内容に関して細かく指定したい場合などに利用されているため、状況や内容に合わせた作成方法を進めることも重要とされています。弁護士による業務の取り扱いも行われており、作成方法に関する情報や知識を得ることが可能です。

遺言書作成なら弁護士たちばな総合法律事務所大阪

〒543-0001 大阪市天王寺区上本町6-6-26 上六光陽ビル2階

大阪で遺言書作成、遺留分の問題、遺産分割協議、相続手続きのご相談はお任せください。

受付時間:月~金/9:00~17:00
TEL:06-6770-7212

https://www.law-tachibana.jp/ 【HP】