遺言書がある場合の遺産分割協議

遺産分割協議については、相続人同士によって、故人が残した遺産の分与を話し合う機会になります。この時には相続人全員の参加が義務付けられています。故人が所有していた遺産などによっても、状況は大きく変わることとなるでしょう。

また、故人が残した遺言書が適応されれば、遺産分割協議を開く必要がありませんが、遺留分や遺産分割などの記載が誤っているような場合には無効になりますので、相続人同士で話し合う必要があることでしょう。法律家である弁護士に依頼することで、スムーズに遺産の分与をおこなうことができるでしょう。

遺言書がある際の遺産分割協議について

遺産分割協議については、通常では遺言書がない場合において、相続人が遺産の分与に関して話し合う場面になります。しかしながら、イレギュラーの形として遺言書に不備があった場合や、遺留分の記載にミスがあったような場合において、内容が無効になってしまうようなケースがあげられます。

そうなると遺産分割協議をおこなう必要がありますので、司法書士や弁護士をはじめとした法律家に依頼をすべきでしょう。そうすることで円滑に遺産の分与をすすめられる可能性が高くなりますので、安心して仲介役を依頼することができるようになるでしょう。

遺産分割協議は遺言書によって左右される

遺産分割協議に関しては遺言書によって、左右されると言っても過言はないでしょう。遺産分割協議は通常の場合において、遺言書があるのであれば実施されませんが、遺留分などの記載にミスがあるようであれば内容が無効となり、親族同士での話し合いが必要とされます。

遺産の分け前については非常に繊細な部分でありますので、あとあと公開が残らないようにする為にも、弁護士のような法律家に依頼することで、そのような心配が軽減されることでしょう。遺産分与に関しては専門的な分野でもありますので、法律家のサポートを受けることをおすすめします。

遺産分割協議と遺言書について

遺産の相続に関しては、それぞれにおいての決まりがあります。故人が残した正当な遺言書がある場合においては、相続内容がしっかりと定められていますので、遺産分割協議をおこなう必要性がありません。

しかしながら、その遺言書の内容が間違っていたり、遺留分の計算などが違っているようなことがあれば、不備ちとみなされてしまいます。不備とみなされてしまえば、何もない状態となり相続人で集まって、遺産分割協議を実施する必要性が出てきます。このようなことに関しては、遺産相続の場面においては大いにあり得ることでありますので、そのような事態に備えておくことが大切になるでしょう。

遺言書がない場合の遺産分割協議について

遺言書がない場合の遺産分割協議については、通常のケースであることがあげられます。しかしながら、故人によっては遺言書の作成を間違えてしまうようなケースもあり、遺留分などについては間違いやすいことがあげられます。そのことをしっかりと踏まえておく必要があるでしょう。

必要がないと思っていてもそのような不備において、遺産分割協議が開催されるような可能性が高くなります。弁護士や司法書士のサポートを得られれば、スムーズに進めていくこともできるでしょう。どうか自分たちだけで進めるようと考えず、遺産相続のエキスパートである法律家に依頼をおこなうようにしましょう。

遺産分割協議、遺留分なら弁護士たちばな総合法律事務所大阪

〒543-0001 大阪市天王寺区上本町6-6-26 上六光陽ビル2階

大阪で遺言書作成、遺留分の問題、遺産分割協議、相続手続きのご相談はお任せください。

受付時間:月~金/9:00~17:00
TEL:06-6770-7212

https://www.law-tachibana.jp/ 【HP】