遺留分

遺留分は気軽に考えてみる

人がなくなると、色々な手続きがでてきます。初めて耳にする人もいるでしょう。遺留分があります。そちらは、故人の家族で、受け取れる資格のある者たちが、最低限手にできる相続の保証のことです。相続と聞くと、少なくともややこしく感じる人もいるでしょう。それらは法律によって守られています。

そういう機会が訪れたなら、気軽に調べてみましょう。遺留分の計算の仕方もありますし、その道のプロフェッショナルに、一度聞いてみたほうが懸命でしょう。お金のことは法律のもと、きちんと処理する必要があります。安心して遺留分を受け取りたいものです。

遺留分と死因贈与の内容について

遺産相続に関するトラブルの事例を正しく理解することによって、将来的なリスクを未然に回避することが可能となります。
とりわけ、遺留分や死因贈与に関する問題については、実に多くの法律事務所のパンフレットや公式サイトなどに詳しく紹介が行われることがあるため、隙間時間を使いながら、必要な知識を身に着けることが大事です。

現在のところ、遺留分の請求方法に注目をしている人が珍しくありませんが、実績のあるプロの弁護士や司法書士などにアドバイスを受けることで、何時でも冷静に判断をすることが欠かせないテーマとして挙げられます。

遺留分は誰に帰属するのでしょうか

遺言書によって遺産割り当てが行われた場合、遺留分まで侵害されている内容が書かれている場合があります。遺留分は原則として遺言者の意思とは関係なく発生する権利です。侵害されている場合は請求して取り戻すことが法律上認めらています。しかし、法律では相続人の意思で請求するか否かを判断できるとしているのみです。
それはなぜでしょうか。

「遺留分減殺請求権は本人に帰属する」と条文に記載されているからです。相続して遺産を受け取ることができる人が判断すれば良いとされています。身分に関することは法律によっても強制することはできません。

知っておきたい遺留分の事

相続でよく聞く遺留分って何だろうと思う方もそもそも言葉自体を知らない人も多いかと思います。被相続人の家族が生活に困らない様に最低限の保証をするのが遺留分です。配偶者や子供、兄弟によって保障の割合が変わってきます。

1番もらえる割合が高いのは、配偶者です。子である直系卑属、直系尊属の順に割合が下がっていき、兄弟姉妹には一切の保証がありません。また、この組み合わせによっても割合が変わり、子が複数いる場合は、割合で決まった金額を人数で分配します。被相続者の遺言で家族に相続されなくても、返還の申請を出すことで、返還が可能です。失効してしまう事もあるので、気を付けましょう。

相続を決める時の遺留分って何

相続の話になると必ず出てくる、遺留分って何と思う方は多いと思いますが、一言で言えば、法律で定められた相続人が相続できる必要最低限の割合を指します。残された家族の生活を脅かすことも考えられるので、相続人の権利を保護するためのものです。

父や母といった直系尊属や息子娘など子供の直系卑属、配偶者にこの遺留分が適応されます。兄弟姉妹の関係に保証は一切ありません。配偶者・直系卑属・直系尊属の組み合わせや人数によって相続できる割合や金額が変わってきますので、誰がどのくらい最低保証されているのか、少なくとも自分がどの程度相続できるのか知っておいて損はないと思います。

遺産分割協議、遺留分なら弁護士たちばな総合法律事務所大阪

〒543-0001 大阪市天王寺区上本町6-6-26 上六光陽ビル2階

大阪で遺言書作成、遺留分の問題、遺産分割協議、相続手続きのご相談はお任せください。

受付時間:月~金/9:00~17:00
TEL:06-6770-7212

https://www.law-tachibana.jp/ 【HP】

関連