遺産分割協議

進めたいと思っていることが、そのまま進められない可能性もあり、遺産分割協議は長引いてしまいます。進めていく状況によって、結構問題となることが多くなり、対抗する人も当然出てくることとなります。対抗する人は、思っているような方針に反対してしまうので、期待しているような状況に持っていけないのです。

遺産分割協議を行っている場合、対抗する人が多くなってくると、かなり大変な思いをすることもあるでしょう。実際に長引いてしまっている場合、対抗している人がなかなか納得できない状況となってしまい、終わらないまま進んでしまうのです。

ビックリするほど遺産分割協議は弁護士で決まる

弁護士によって解決して貰う方法を採用しているなら、意外と早い時間で終わってしまう場合もあります。弁護士の方は、すぐにでも解決できるように、遺産分割協議を進めやすいタイミングを作っています。しかも進めていくことにより、問題となっている状況を減らせるようになり、トラブルの解決も行いやすくなります。

仮に複数人の弁護士がいる場合でも、遺産分割協議が進められるように調整してくれるので、相談によって良い解決が図れるようになります。失敗しないためには、弁護士に依頼を出す方法をしっかりと考えてください。それが成功への近道です。

遺産分割協議 はやり直しがきかない

遺産分割協議は、相続人が全員集まって協議をしているために、1度協議が成立すれば、原則として基本的にやり直しはできません。協議が終われば協議書を作成する事になります。協議には誰が参加したのか、誰が何の財産を相続するのかなどです。

しかし、新たに財産が出てきた場合や、もしも、遺言書が見つかった場合にはすべてやり直しになる事もあります。遺言書に沿った形で再分割する事になります。また、相続人の間で協議がまとまらなかったり、特別の事情がある場合には、家庭裁判所は、期間を決めて、遺産の一部または全部の分割を禁ずる事ができます。

遺言がない場合に遺産分割協議が開かれます

遺言書がある場合には遺言書に添った遺産分配になりますので、協議の必要はありません。遺産分割協議というのは、相続人全員で遺産をどのように分けるのかを決める事だからです。相続人全員の合意が必要です。

合意が得られない場合には、家庭裁判所で遺産分割調停を行う事になります。分割するうえで難しいのが、土地、不動産が含まれている場合です。この場合の分割方法としては、換価分割、共有分割、代償分割、現物分割等があります。不動産をそのまま分割するのが、現物分割です。売却してお金に換えて分配する方法を換価分割といいます。分割せずに全員の名前で共有する事です。

遺産分割協議の重要性を考える

分割協議が行われていなければ、ほぼ話し合いをされないまま適当に決められてしまい、分割する状況がおかしくなってしまいます。分割するからには、しっかりと状況を把握して、誰がどれくらい受け取ればいいのか考えていくことになります。

遺産分割協議を行っている場合には、当然考えていく部分は多くあり、将来的なところまで含めて検討していくこととなります。これらの考えをしっかりと持っていくためにも、遺産分割協議は重要になっています。重要な会議の1つとして考えられており、実施されていなければ分割に関連するトラブルは多発していくのです。

遺産分割協議、遺留分なら弁護士たちばな総合法律事務所大阪

〒543-0001 大阪市天王寺区上本町6-6-26 上六光陽ビル2階

遺言書作成、遺留分の問題、遺産分割協議、相続手続きのご相談はお任せください。

受付時間:月~金/9:00~17:00
TEL:06-6770-7212

https://www.law-tachibana.jp/ 【HP】

関連