遺産分割協議の遺言書は大事に

遺産分割協議に利用することとなる遺言書は、大事に持っている必要があります。大事にしていない場合は、どこに置いたのかわからなくなってしまい、肝心な時に効果を発揮してくれません。安心して利用したいと思っている場合には、遺言書を大事に保管しておき、遺産分割協議に活かしてください。

遺留分はその時に考えておくもので、しっかりと正しい数字を提示できるようにします。わからない場合は弁護士に相談して、安心して利用できるようにしてください。相談がしっかりできているようなら、協議の時間も短くできるようになり、負担も減らせます。

遺言書不備においての遺産分割協議について

遺言書不備においての遺産分割協議については、遺留分や内容などが原因で無効になってしまったことがあげられます。そのような事態を防ぐために弁護士や行政書士などの法律家に依頼する人は多いですが、故人によってはそのような法律家のサポートを得ることなく、自力で遺言書を仕上げる人もいるようです。

しっかりと施工されていればいいのですが、このような不備となってしまいますと適用されなくなってしまいますので、作成には慎重な対応が必要とされることであります。遺産の相続を円満におこなっていくうえでも、法律家のサポートを得る事はマストであることがあげられるでしょう。

遺産分割協議で遺言書が大きな鍵になる

最終的な決断を下すのは、遺産分割協議に参加している人ですが、それ以外の情報を得るためには遺言書の内容も大事になっています。その前に考えていることが、遺留分を全員に支給していくことです。これは決められている最低限は支給することとなり、この金額を勝手に変更してはいけません。

そして遺言書に書かれている内容を元にして、残されている分を支給していく形になります。残っている分を遺産分割協議で解決していく形になりますので、勝手に変な方針を取ってはいけません。意外と間違えている人が多く、トラブルに繫がる傾向があります。

遺言書があっても実施される遺産分割協議

故人がなくなった後に実施されるのが、遺産分割協議であります。この遺産分割協議においては、相続人同士で実施するものであり、遺産の分与を話し合う機会にあります。遺言書があるようなケースにおいては、基本的には実施されないことがあげられます。

しかしながら、遺言書があるような場合においても、正しく記載されていなかったり、遺留分が考慮されていなかったりするような場合においては無効となり、遺産における分割協議が実施されることがあげられます。このようなこともありますので、弁護士を雇うことで正しい進行をしていくことができるでしょう。

遺産分割協議には遺言書が欠かせない

かなり欠かせないものとして利用されているのが遺言書であり、遺産分割協議には多く利用されています。利用されなかった場合、何のために残されているのかわからなくなってきますから、わかりやすいものとして考えていく必要もあります。

そして遺言書を見ている中で、どのように分割することを望んでいるか判断できるようになります。その上で検討するのが、遺留分が存在していることです。これがわからないために分割が間違っているなんてことも多々あります。遺産分割協議では、こうした知られていないところを弁護士に聞きながら、最終的に判断します。

遺産分割協議、遺留分なら弁護士たちばな総合法律事務所大阪

〒543-0001 大阪市天王寺区上本町6-6-26 上六光陽ビル2階

遺言書作成、遺留分の問題、遺産分割協議、相続手続きのご相談はお任せください。

受付時間:月~金/9:00~17:00
TEL:06-6770-7212

https://www.law-tachibana.jp/ 【HP】