相続手続き

相続が発生した場合、不動産や預貯金、株券などの被相続人名義の財産は遺産として相続人により分配されます。いわゆる遺産相続手続きを行うことになるのですが、相続人同士で話し合い、名義変更手続きまで完了させなければ相続手続き自体が完了したとは言えません。

名義変更については、預貯金の場合には各金融機関。不動産の場合には管轄の法務局。株券の場合には株券を管理している証券会社あるいは信託銀行。自動車の場合には管轄の陸運局(あるいは軽自動車検査協会)で行います。いずれの手続きにしても、被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本(除籍、原戸籍)と相続人全員の戸籍謄本並びに実印、そして印鑑証明書が必要です。