借金回避の相続手続きは相続放棄で

相続が発生すると、被相続人の財産が相続人に承継されます。ここにいう被相続人の財産とは、プラスの財産だけでなくマイナスの財産も含まれます。したがって、マイナスの財産がプラスの財産を上回る場合、相続人が何も手を講じなければ、借金生活が待ち構えていることになります。
しかし、相続放棄をすれば、初めから相続人でなくなることになるので、借金を回避することができます。手続きは、相続が開始して自分が相続人であることを知ってから、3カ月以内に家庭裁判所に申述する方法で行います。一度放棄をすると、撤回は原則として認められないので、相続放棄をする前に相続手続きについて、弁護士や司法書士に相談しておくと安心です。