借金回避の相続手続きは相続放棄で

相続が発生すると、被相続人の財産が相続人に承継されます。ここにいう被相続人の財産とは、プラスの財産だけでなくマイナスの財産も含まれます。したがって、マイナスの財産がプラスの財産を上回る場合、相続人が何も手を講じなければ、借金生活が待ち構えていることになります。

しかし、相続放棄をすれば、初めから相続人でなくなることになるので、借金を回避することができます。手続きは、相続が開始して自分が相続人であることを知ってから、3カ月以内に家庭裁判所に申述する方法で行います。一度放棄をすると、撤回は原則として認められないので、相続放棄をする前に相続手続きについて、弁護士や司法書士に相談しておくと安心です。

遺産相続手続きの中で自分が手配する遺言書

自分の将来のことを考えて、そろそろ遺言などについても考えなければならないなと思っている人もいるのではないでしょうか?遺産相続手続きを進めていくにあったって一番優先されるのが遺言書になります。そのため、できれば自分自身で遺言書の手配をしておき、残された人たちが困ることがないようにしておきたいものです。

ではどういった風に用意すればいいのかといいますと、いくつか方法はあり自分で全て書いく自筆タイプのものと、弁護士や司法書士などのプロにお任せしてしまうタイプのものです。どちらにもメリットデメリットがあり、最終的には自分がやりやすい方で決めてしまっていいと思います。

遺産相続手続きを行う

故人が亡くなったことにより、遺産相続手続きをおこなうこととなり、さまざまな知識が必要とされてくるでしょう。その知識においては素人では、わからないようなこともありますので、不安があるようであれば、弁護士に相談することで不安を解決することができるでしょう。

また、遺言書がある場合においても、内容に不備があり無効になったり、他の相続人が放棄した場合においては遺産分割協議を開くこととなり、弁護士に依頼することでスムーズに対応することができるでしょう。遺産相続手続きを一刻も早く、スムーズにできればいいですね。

家族のために遺産相続手続きの負担を減らす方法

自分の死後、残された家族の負担を少しでも減らしたいと考えるなら、遺言書をはじめとした身辺整理をしましょう。葬儀を行った後には、遺産相続手続きをしなければなりません。相続人や財産のリストアップをしておけば、負担を大幅に軽減できるでしょう。遺言書には書き方に決まりがありますので、財産の洗い出しと合わせて作成に立ち合ってもらうと不備が無くなります。

また、蔵書など遺品の処分も身体が自由に動くうちに少しずつ行っておきましょう。特に希少価値が高いものの場合、知人に譲ったり所定のところで換金するなど、処理方法を記述しておくのも大切です。

遺言書で遺産相続手続きに楽を

残されている遺言書があると、一応相続手続きに楽が出てくる場合もあります。少しでも負担を軽減しながら、安心して行えるようにしていることが大事になっているので、可能な限りあることが大事です。遺産相続手続きに楽をすることも可能になって、相続してからどのように分割していくか検討していく形になります。

分け与えてもらえるような状況を作ってくれることが重要になっていますから、そのために必要な要素が書かれているなら安心できるでしょう。1から検討していくことがなくなるので、大きな負担が軽減されるところに良さを感じられるのです。

相続手続きの相談なら弁護士たちばな総合法律事務所大阪

〒543-0001 大阪市天王寺区上本町6-6-26 上六光陽ビル2階

遺言書作成、遺留分の問題、遺産分割協議、相続手続きのご相談はお任せください。

受付時間:月~金/9:00~17:00
TEL:06-6770-7212

https://www.law-tachibana.jp/ 【HP】